えびなかな

にわかのメモ帳

中伝から皆伝まで ④CSGOLD皆伝合格

前回はこちら
smaz1000.hatenablog.com

中伝合格から半年。


CS GOLD 皆伝に合格しました!!


残すは今作皆伝だけ。




以下、CSGOLD皆伝のメモを記す。

――――――――――

攻略メモ

1st Fascination MAXX(A)
BP ??? 40%
ソフランは皿チョンで。意外に減らない

2nd ピアノ協奏曲第一番"蠍火"(A)
BP 74 72%
現中伝曲。ここまでは余裕なはず。

3rd Vanessa†
BP128 68%
ここから本番。ずっと高密度なので脱力してプレーしたい。

4th KAMAITACHI†
BP176 14%
序盤は回復なので必死に回復。中盤発狂に入る頃に70%は欲しい!
ラストはもうずっとわちゃわちゃした。あれは挑戦段階で見切るのは不可能なのでわちゃわちゃしよう。

――――――――――

前回、モチベが下がったという記事を書いたが、その反動かここ1ヶ月はとてもモチベが高かった。
本記事ではお菓子全白からCSGOLD 皆伝合格まで何をしていたか書こうと思う。

1.物量耐性をつける

ひたすら発狂BMSで★7以下の未クリアを減らした。
結局、★6以下は全クリアイージー、★7未クリア20程度にはなった。

★7が終わっていないのに★8,9を進めている理由については後述。
ハードを狙うよりこの段階は未クリアを減らすほうが効果的だと思う。

2.HSの見直し

まず、本家の緑数字を340から300にした。
慣れるまで数日を要したが、結果的に物量譜面がすごい見やすくなった。

次に、BMSの判定がかなりズレていたのでLR2のHSを見直した。
HS見直しにあたって、stairwayさんのツールを使わせていただいた。
http://stairway.sakura.ne.jp/smalltools/green2lrhs.htm

3.発狂三段粘着

やめよう。DTDに癖がつく。
なんとか合格することができたからよかったが、少なくともリコメンドが50%になってから受験しよう。

リコメンドがわからない方はこちら→発狂BMS難度推定など - walkure.net

4.地力A曲群

イージーは未解禁曲以外はほぼ埋まった。
ハードはたった1曲だけだが、HAERETICUSが埋まった。
他にはTriple Counterや津軽雪が狙い目らしい。




こんな感じ。次はこれからやりたいことについて。


A.冥,卑弥呼,灼熱の対策

少し早い気もするが、一応地力Aがハードついたということで。
対策と言っても冥と卑弥呼はひたすら乱ノックしBPを減らしていくだけなのだが...
現在のBPは冥が171卑弥呼202。せめて冥は120卑弥呼150くらいにしてから皆伝に挑みたいところ。

灼熱はハンドクラップを聞き込みをする。オススメ動画はこれ。

www.youtube.com

皿の枚数は覚えなくてもいいが、奇数か偶数かぐらいは覚えたい(押しで入ったら押しで終わるか引きで終わるかがわかるため)。
また、この記事シリーズの第1回でも書いたが☆10~から連皿曲を復習しておく。おすすめ練習曲リストは長くなるので別記事に書く。

B.高難易度曲への特攻

これはIIDX,BMSのどちらにも当てはまる。皆伝合格レベルの物量耐性を得るための最短距離は、EASYギリギリの曲をやり続けることだからだ。
ノーツ数にもよるが、BPが100~150くらいの曲なら十分練習になるのではないか。

この段階だと、IIDXでは地力A+~Sくらいに当てはまる。仕様上ガンガン特攻できないのは仕方ないが、

  • 4曲目には必ずこれらの高難易度を選曲する
  • PFでハード埋めする金があるくらいならBLACK PASSを購入して1曲目から特攻
  • 落ちまくってモチベが下がった時にちまちまハード埋め

くらいでいいと思う。

BMSでは★7~★9くらいに当てはまる。
昔の記事でBMSの練習についてこう書いた。

発狂BMSのやり方としては、★1をイージーで埋める、次に★1が9割以上埋まったら★2を埋める、★2が9割以上埋まったら★3を・・・といった感じでひたすら埋める。

f:id:smaz1000:20170729104721p:plain

さて、ここで上図の★7の難度推定グラフを見てもらいたい。
横軸が0.5刻みの難度、縦軸がその難度の総曲数である。

★7.00~★8.00までの練習曲が異常に少ないことに気が付いただろうか。昔の記事に書いた練習方だと実力が★7.00になった時に停滞してしまう。
このグラフに★8、★9を追加するとこうなる。

f:id:smaz1000:20170729104725p:plain

黄色が★8、赤が★9。★7.00〜★8.00までの穴をいい感じにカバーできている為、★7〜★9を並行して埋めて行くことにした。